About

 

 

 
 
 

デザインに乗る

 

『Ciclotte』は、従来のエアロバイクのデザイン性と機能性の真価を再考しつつ、アイディア、形状、技術を1つに集約したイタリア設計・製造の革新的な1輪エアロバイクです。

 

カーボン、スチール、ガラス繊維等の優れた素材をベースに、外サイクロイド・クランク・システムと呼ばれる特殊技術を搭載することで、フィットネス機器業界における革新的製品としての地位を確立しました。

 

ミラノの若手デザイナーであるルカ・スキパッティが設計を手掛け、ベルガモに本社を置くラミフレックス・グループが製造した『Ciclotte』。機能性を重視しがちであった従来のフィットネス機器の設計パターンを打ち破り、身体とデザイン性の美しさの双方に価値を置く、前進的でダイナミックなユーザーを魅了する逸品に仕上げました。

 

すべての構成物が相互作用する流動的な空間で、仕事、余暇、運動、エンターテイメントが一次元に絡み合う現代生活を真に表現するデザイン―。『Ciclotte』のコンセプトは、このデザイン性を私たちの毎日の生活に取り入れることへのニーズから生み出されたのです。

人間工学研究に基づく、無駄を省いたフォルムが美しいフィットネス機器兼家具アクセサリーである『Ciclotte』は、家庭、オフィス、ジム、屋外など多様な生活モードに調和します。

 

『Ciclotte』の基幹部分となるのが大きな1輪ホイール。19世紀末に製作されたクラシックなオートバイを彷彿とさせる大型ホイールを最高級のエンジニア技術と融合することで、インテリアデザインにも適した高級フィットネス機器を求めるお客様にとって、絶対に手に入れたいアイテムが誕生しました。その他の特徴としては、ユニークなカーボン製ハンドルバー、ホームオートメーション・システムからヒントを得たタッチスクリーン、独特な曲線を描くスタンドなどがあります。

 

技術面では、路上走行におけるペダリングの力学特性と性能を忠実に再現すべく設計されており、スピニングのような集中的な有酸素トレーニングにも最適です。

 

『Ciclotte』は、革新的な都会派1輪車『Ciclò』を、フィットネス機器用に改造したもの。『Ciclò』は、多様な国際展覧会に出品された後、ミラノのトリエンナーレ・デザイン・ミュージアムに常設展示されています。

 

 

ルカ・スキパッティ / Luca Schieppati

 

ルカ・スキパッティは、1979年にイタリアに生まれました。高校卒業後、ミラノ工科大学にて工業デザインの学位を取得。現在はミラノに住み、ヨーロッパデザイン学院(ファッションデザイン科)でグラフィックスおよびコンピューター・グラフィックスの講師を務めています。

 
2007年、同氏はロンドンを拠点とする、国際的なデザイン広報会社「141 アイデアズ・フォー・イノベーション」の共同設立者となり、ロベルト・ジョリート(『FIAT 500』のデザイナー)およびマルコ・ランブロ(『Piaggio Mp3』のデザイナー)と共に、アイデアコンペ「ムォヴィティ」のスポークスパーソンを務めました。同年12月、ミラノ・トリエンナーレ出品用に「Ciclò」を開発。この作品はトリエンナーレ・デザイン・ミュージアムに常設展示されています。

 
同氏の作品は、ミラノおよびマドリードで開催される「ザ・ニュー・イタリアン・デザイン」、北京および上海の「ミラノ・メイド・イン・デザイン」、フィレンツェの「ザ・クリエイティビティ・フェスティバル」、ローマの「DAS デザイナー・アフタースクール」のようなイタリア内外の権威あるデザイン展覧会に出品されています。

 
pdf DOWNLOAD PROFILE (イタリア語)
 

www.lucaschieppati.com